スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型ワクチンで死亡の可能性=副作用で初、新潟の80代女性-厚労省(時事通信)

 厚生労働省は29日、新型インフルエンザの国産ワクチンを接種した新潟県の80代女性が、ワクチンの副作用で死亡した可能性があるとの報告を受けたと発表した。同省は複数の専門家に検証を依頼する。
 同省によると、女性は高血圧や心臓病の持病があった。ワクチンを打った主治医は女性の死亡について、持病が悪化した可能性と、接種に伴うショック症状「アナフィラキシーショック」の両方が原因として考えられるとした上で、「ワクチンとの因果関係がある」と報告したという。
 新型インフルのワクチン接種後の死亡報告は117件あるが、死亡との因果関係があるとされたケースは初めて。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
南海電鉄、4~12月期は減収減益=景気低迷や新型インフルで
臨時接種に「2類」創設へ=弱毒性新型インフルに対応
30道府県は追試実施=高校入試のインフル対策

衆院代表質問 「党内の民主主義は健全」鳩山首相(毎日新聞)
練炭自殺、車内に矛盾点…連続不審死(読売新聞)
携帯充電器マルチで逮捕=虚偽説明で解約妨害容疑-大阪府警(時事通信)
<書店>新潟の老舗「北光社」 190年の歴史にピリオド(毎日新聞)
【中医協】DPC新係数、来年度の導入は6項目(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。