スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

患者・市民パネルに委嘱状を交付―国立がん研究センター(医療介護CBニュース)

 がん患者や市民にとってより分かりやすい役立つ情報を発信することなどを目指して、国立がん研究センターがん対策情報センター(嘉山孝正理事長)が2008年度から募集している「患者・市民パネル」。同センターは6月9日、今年度に患者・市民パネルを務めるメンバーに委嘱状を交付した。交付式の冒頭、あいさつした嘉山理事長は、「どんどんといいアドバイスをしていただきたい」と積極的な意見提供を求めた。

 患者・市民パネルは、がん患者、家族、市民のそれぞれの立場から、がん対策情報センターが発信する情報について意見するほか、講演会の案内など、がん対策にかかわる情報を周囲の人々に広報する役割などを担う。パネルの任期は2年。
 今年度は、パネルとして昨年度から活動している42人と、新たに選ばれた58人が、メールやインターネットの掲示板機能を利用して、昨年度のパネルの意見を反映して作成された「患者必携」の活用や普及方法などについて意見交換を行う。


【関連記事】
医療保険制度の根本見直しに向けた意見書提出へ-がん医療費を考えるフォーラム
「がん相談ホットライン」日曜も実施へ-日本対がん協会
昨年のがんによる死亡数、過去最多
対がん計画の中間報告、6月にも公表―厚労省
がん検診、受けたい気持ちにさせる仕掛けとは

「いじめ被害の友救えず」 中3、硫化水素自殺 川崎(産経新聞)
インド洋の安保「日本は再考を」 セミナーで櫻井よしこ氏(産経新聞)
<菅首相会見>その7「奇兵隊内閣とでも言いたい」(毎日新聞)
フェラーリ型のジェットコースター…中東アブダビに誕生
果皮からポリフェノール=レモン搾りかす活用―科技機構(時事通信)
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。